クラミジアの治療方法

風邪を引いたときなどに、薬を飲んで直したり病院で薬を処方したり注射をして治療をする等の方法もありますが、自然治癒力に頼って直す方法もあります。

自然治癒力とは人間が持つ免疫力によって病気などを治していく方法ですが、クラミジアに関してはこの自然治癒力は通じません。クラミジアは感染し、そのまま放っておいても治らないのです。

クラミジアの場合は症状が比較的軽く、さらに最近では10代から20代の若者が多く罹っていることもあり、軽視されている病気でもあります。

しかしながら、日本で一番感染者の多い性感染症であり、非常に感染力が強いこと、そして、放っておくと男性の場合は精巣上体炎や前立腺炎、女性の場合は、子宮頸管炎、子宮内膜炎、子宮付属器炎などを起こしてしまい不妊となってしまう場合もあるのです。

クラミジアの治療には抗生物質を使用します。使用する抗生物質は男女共に共通で、テトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキロン系の薬の三種類が主に使用されています

これらの薬を基本的には1週間から2週間服薬していきます。そしえ、すべての投薬が終わった後、3週間から4週間後を目安に再度検査を行い、ここでも陰性と結果が出た場合に治療が完了となります。

こうした簡単な治療法にもかかわらずクラミジアの蔓延が広がっているのは、服薬の仕方などに問題があると言われています。抗生物質を飲み始めて1週間ほどすると症状が治まってきます。

この症状が治まったことで勝手に治ったと思ってしまい服薬を終わらせてしまうと、また再発をしてしまう恐れがあるのです。

自己判断ではなく、しっかりと医師と相談の上で治療は進めなくてはいけません。

性器クラミジアの場合は、上記の通り検査から治療が終わるまで約1ヶ月近くかかります。しかし、咽頭クラミジアの場合はもう少し治療に時間が掛かってしまいます。

しかし、咽頭クラミジアも性器クラミジアと同様に、しっかりと抗生物質を服薬し、医師の指示に従った治療をしていれば治る病気なのです。

クラミジアの治療には抗生物質

性感染症と言えばクラミジアというくらい身近であり、非常に感染が蔓延している病気が、クラミジアなのです。

しかし、クラミジアは感染しやすいという反面、しっかりと治療をすれば数週間で治ってしまう病気でもあります。

クラミジアに感染すると男女問わず同じ抗生物質を使用し治療を進めていきます。どの薬も1週間から2週間程度使用して治療をして行きます。

投薬が完了して3週間後に再度クラミジアの検査を行い、症状もなく、検査の結果も陰性であれば治療は完了となります。

しかし、ここで症状もあり結果も陽性であれば別の種類の抗生物質を使用しなければなりません

これはクラミジアの場合は、すべての種類の抗生物質が効果があるというわけではないので注意が必要となってきます。

現在では主に3種類の抗生物質が使用され、各患者に適した薬を処方します。

まず一つ目は、現在もっとも手軽で副作用も少なく、さらに除菌率も高いために注目されているのが、マクロライド系の抗生物質です。ジスロマッククラッシドクラリスなどが有名です。

ジスマロックは真菌やマイコプラズマにも有効な薬でクラミジア治療ではもっとも多く処方されています。

クラッシドはマイコプラズマなどの他にも百日咳菌やピロリ菌などの治療にも用いられています。ジスとマックで効果があまり見られないときは、クラッシドが使用されることがあります。

その他にはミノマイシンヒブラマイシンなどがあるテトラサイクリン系ニューキロノン系があります。

これら二つの抗生物質はマクロライド系に比べると抗菌力がやや弱かったり耐性を持つクラミジアが増えているなどの問題もあります

マクロライド系にも耐性を持つクラミジアが増えているという報告もあり、現在では新しくケトライド系の抗生物質も開発されています。

このようにしっかりと抗生物質での治療をしていれば治る感染症です。

しかし簡単に治ってしまうと言う部分が原因で、一番クラミジアの感染者数が多い10代から20代の若者にとっては「簡単に治るの病気」と認識され軽視をされているので、感染者数が減少しないのかも知れません

男性のクラミジア治療

クラミジアの治療に関してはまず自然治癒で治ることはありません。症状が比較的軽いために、症状が少し出て治まると治ったと感じてしまう人もいますが、まず自然治癒で治ることはありません。

まずは医療機関において検査を行うのですが多少、女性と男性で違う検査方法がとられることもあります。

治療に関しては女性も同じですが男性も約1週間から2週間の抗生物質の投薬を行います

ジスロマックやクラリス、エリスロマイシンなどの薬が使用されることが多くあります。毎日飲み続けるものや、初日に1度だけ飲めば済んでしまう薬などがあります

薬を飲み終えた後、3週間から4週間のあとにもう一度検査を受けて、陰性であれば完治となります。

途中で薬を辞めてしまったり、検査を受けないと、クラミジアを再発してしまうことは良くあります。

クラミジアの投薬が終わってから、5%~10%の割合で再発してしまう可能性があるために、しっかりと最後まで治療を続ける必要があります。

もしも、治療を最後まで行わずに再び性交渉などをしてしまうと、ここでまたクラミジアの感染を広げてしまう可能性も出てしまうのです。

クラミジアは排尿時の痛みなど、それだけでは症状も大したことはありません。女性よりも分かりやすいとはいえ、それでも自覚できないケースも多々あります

しかしクラミジアがきっかけで、前立腺炎、尿道炎、そしてエイズにかかる確率を5倍も引き上げていることに注意をし、早急に治療をしなければなりません。

クラミジアの治療期間

性感染症の中でももっとも治療の確立が高いといわれているのがクラミジアです。しかし、その反面で日本国内では感染者数が一番多い性感染症でもあり、特に10代から20代の若者が多く感染しております。

つまり簡単に治る身近にある性感染症であるがゆえに感染すること対してあまり危機感を抱いていない感染症でもあります。

クラミジアの治療に対しては基本的には抗生物質を使用していきます。抗生物質は1週間から2週間、1日2回から3回の使用します。

ジスロマックは1回の服用で1週間程度持続します。これら処方された薬をしっかりと使用し続けなければならず、途中で忘れた、症状がなくなったからといって勝手にやめてしまうと、再発してしまう恐れがあります

実はこのクラミジアは抗生物質を用いて治療をしたとしてもその治癒率は100%ではありません

実際には90%から95%程であると言われています。これは途中で治療を辞めてしまうことや、治療中の飲酒、またその他にかかっている病気によっては薬の効果が薄れてしまうためです

男性の場合は精巣上体炎や前立腺炎などに罹っている場合いくつかの薬を併用しなければその治療の効果は薄れてしまい、治るものも治らなくなってしまいます。

クラミジアは多くの人が罹っており、治療の確立も非常に高い感染症です。それだけに薬を処方されてからの治療期間はしっかりと治療に専念し、パートナーがいる場合はピンポン感染に気をつけるなどして治療を進めていかなければなりません。

クラミジアの治療費は?

日本でもっとも感染者の多い性感染症のクラミジアですが、実は数十年前は健康保険の適用がされておらず、すべて実費での支払いとなっていました。

現代ほど、その感染者は多くなかったのですが、それでも安くない費用がかかっていました。

しかし現在ではインフルエンザや風邪と同様に健康保険を使うことが可能であり、その治療に役立っています。

クラミジアの治療では、1回目の受診で検査を行い、2回目で検査結果を基に薬を処方し、3回目で薬の終了と共に症状を聞いて再検査をして、4回目で最終的な検査結果を聞いて今後の治療が必要か否かを判断します。

平均して4回とし、国民健康保険を利用した場合にはだいたい1回の費用で掛かるのは2000円程度であると言われています。

しかし、もし保険が適用されなかった場合、または保険証なしの場合は4回の受診で30000円近く罹ってしまいます。

この30000円の治療費は一見すると高額に見えます。そのために、薬を処方してもらったので再検査を受けに病院に行かなくなってしまうとか、症状が軽くなったので薬の飲むのをストップしてしまうと、さらにお金が掛かってしまうことがあります。

特に男性の場合はクラミジアを放っておくと前立腺炎や膀胱炎になり、さらに費用や時間も掛かってしまうことがあるのです。

こうしたことを考えると、合計4回の治療をしっかりと受け、処方してもらった薬も飲みきり、再検査までする方が、健康保険も適用になっているので割安になると言えるかも知れません。

しかし、健康保険が効かない場合もあります。それは、クラミジアに感染しているかが明らかではなく、感染しているかどうかを調べるための検査は実費が掛かってきます。

あくまでもクラミジアに感染している症状が明らかな場合のみ健康保険が適用されます。もしも、クラミジアなどの検査を受けると約60000円以上もすると言われています。

まず自分が検査を受ける前に、しっかりと病院などのホームページを確認し、健康保険が適用されるかも確認をしていきましょう。

クラミジア記事一覧

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)