カンジダ症の治療薬

カンジダ症の治療薬には主に膣洗浄、軟膏、膣剤を利用していきます。膣洗浄に関しては行わない人もおりますが、清潔に保つことは早く治療するためには欠かせません。

実際にカンジダの治療、特に女性のカンジダ膣炎の場合は膣錠と軟膏が処方されることが多くあります。膣錠は抗真菌薬が多く用いられています

抗真菌薬にはクロトリマゾールオキシコナゾール硝酸塩またはイソコナゾール硝酸塩を主成分とする薬があります。こうした薬を1日に1錠、約6日間使用します

多くの場合は1週間以内に症状はおさまてきます。しかしながら、生理中などは使用を中止して、医師に相談をする必要があるので注意が必要です。

軟膏に関してはカンジダ菌を殺菌してくれる、イミダゾール系の薬を使用することが多くあります。外陰部にいたみやかゆみがある場合は、1日に、2、3回塗っていきます。

こちらの軟膏も1週間程度の使用でかなり効果は表れますが、症状がなくなったからと言って勝手にやめてはいけません。やめる場合は病院で検査をしてもらった後にしなければなりません。

これらの薬を病院で検査してもらい、処方してもらう事は一般的です。特に初めてカンジダに罹る人は検査の必要も出てきますし、まずは病院に行きましょう。

しかしながら、カンジダは再発を繰り返しやすい病気でもありますので、もしも再発をしてしまった場合は、市販のカンジダの薬を利用しても良いかも知れません

膣錠、軟膏共に売っているので、購入は可能です。普段から体調管理や清潔にすることを忘れてはいけません。

カンジダの薬剤とは

カンジダ症はカンジダ真菌が起こす感染症で、主に、口、膣、皮膚などにみられ、かゆみや痛み、膣の場合はおりもの以上などが主な症状として表れます。

カンジダに対する薬剤は軟膏であったり、飲み薬、または膣剤などが使用されます。

爪とかさなる指先の柔らかい部位にできやすいカンジダ性爪炎や赤ちゃんなどにもできる皮膚カンジダ症や口の広角にできやすい口腔カンジダ症に対しては内服薬を用いますが、基本的にはカンジダに対して効果を発揮する軟膏を使用して治療をして行きます。

内服薬の場合は、まずはイトラコナゾールというトリアゾール系の薬を使用していきます。イトラコナゾールは副作用が少なく、様々な真菌に効果があります。

種類も、カプセル状の薬から液体の薬もあり、大人から子どもまで幅広く用いられています。

イトラコナゾール以外でも、ポリエン系で錠剤のナイスタチンや、イトラコナゾールと同じくカプセルでトリアゾール系のフルコナゾールや経口用ゲルのミコナゾールなどがあります。

フルコナゾールはイトラコナゾールと同じトリアゾール系で内臓真菌に効果がありますが、保険適用外となることもあるので、医師との相談が必要となります。

これらの内服薬を使用すると2週間くらいで完治します。



外用薬としては、軟膏、クリーム、スプレーなどがあります。イミタゾール系の物が多く、塩酸ネチコナゾールやラノコナゾールなどの軟膏やルリコナゾール、クロトリマゾールやケトコナゾールなどのクリームなどが多く使用されています。

このイミタゾール系の薬はカンジダ菌に対する抗菌力が非常に強くもっとも有効的で一般的であると言われています。

こうした薬剤は医師の診断の上で、病院などで処方をしてもらいますが、何度も再発を繰り返しているために、病院に行くまでもなく症状が出た時点でカンジダであると判断できる場合などには、市販でも同様の薬があるためにそちらで薬を購入することが可能です。

しかしながら、初めてカンジダに罹る人は、本当にカンジダであるか、またどの薬が適しているかなどもあるために、まずは病院に行った方が良いでしょう。

カンジダの外陰炎に効く薬

女性の膣内に常在するカビの一種であるカンジダが異常増殖し、外陰部に症状がでてくる外陰カンジダですが、免疫力の低下や性交感染などで発症してしまいます。

発症し出すと激しいかゆみや腫れ、または白いおりものがでてしまうのがなどがでるのが特徴です。

さて、この外陰カンジダですが、基本的には自然に治ることはありません。風邪や切り傷のように放置しておけば良くなると言うものではありません。しっかりと病院に行き、薬などで治療をするしかありません。

薬局などで軟膏などを購入することもできますが、まずは病院にいきしっかりと検査をした上で、その原因菌に対する治療をしてもらうのが良いでしょう。

外陰カンジダの場合の治療は膣内洗浄や薬の投与がありますが、基本的には外陰の炎症を抑える薬で治療をして行きます。主に処方される薬としては軟膏と膣錠があります。

膣錠で有名なのはクロトリマゾールを主成分とするエンペシドクリームは1日1回1錠を腟深部に挿入して使用します。

このクロトリマゾールはカンジダ菌に対して高い抗菌作用があり、無臭なため使用をしやすい薬であります。



このエンペシドクリームの他には、オキシコナゾール硝酸塩を成分とするオキナゾールなどがあります。

これもクロトリマゾールと同様にカンジダ菌に対して優れた殺菌作用を持ち、おりものの異常などだけではなく、外陰部の炎症に効果的で、腫れやかゆみなどの改善にも効果があります。こちらも1日1回の使用を続けていきます。

その他軟膏ではイソコナゾール硝酸塩を含むアデスタンクリームがあります。こちらは、膣錠ではなく塗り薬で1日2~3回患部に塗ります

このアデスタンクリームはイミダゾール系抗真菌薬で殺菌力に優れており、効き目が良いことが特徴で副作用なども少なく、患部でも使いやすいのが特徴です。

こうした薬を使用することと平行して、当然ながら、患部を清潔にすることや、下着やナプキンなども清潔に保つこと、また刺激を避けること、そして生活習慣やストレスなどに気をつけることもして行かなければなりません。

カンジダ症の市販薬を調べる

日本人女性の間でポピュラーなカンジダ症にもこの口コミは存在します。もしも自分がカンジダ症になったら、病院でどのような薬をもらうのか、また市販薬などで購入する際にはどの薬が存在して、どれを購入すれば自分に最適なのかを調べることが可能なのです。

カンジダになってしまったとき、市販薬を使用すれば良いのかそれとも病院でしっかりと検査をしてもらうのが良いのかで迷う人もいると思いますが、初めて発症した場合はまずは病院に行く方が良いでしょう。

もしかしたらカンジダではない場合がありますので、まずは検査をしたほうが良いと思われます。

市販薬を利用するのであれば、再発した時が良いでしょう。カンジダにかかるのは主に女性が多くいますが、女性の場合にあるカンジダの薬は主に膣錠と軟膏があります。膣カンジダに有効な膣錠として有名な薬は「フェミニーナ」という薬です。

カンジダ菌を殺菌してくれるオキシコナゾール硝酸塩が含まれており、1日に1回の使用で1週間程度を目安に治療をしていきます。値段はお店によって様々ではありますが、3000円前後となっています。

その他、塗り薬としてはミコナゾール硝酸塩を主成分とする「メディトリートクリーム」や同じくミコナゾール硝酸塩を含んでいる「ジンレディケアクリーム」または「メンソレータム フレディCC クリーム」なども膣カンジダの再発治療薬として有効的です。

値段は膣錠の半額程度で購入が可能となっています。

これらの薬をインターネットで調べると簡単に検索することができます。また、その数はかなり多く出てきます。

その中から、自分にあった薬がどの薬なのか、口コミなどを参考にして調べるのも良いかも知れません。

カンジダ症と市販薬の利用の仕方

カンジダ症らしき症状がでた場合は病院に行くことをオススメします。カンジダ症と似ているクラミジア感染症やトリコモナス症という可能性もあります

その場合はカンジダ症に使用する抗真菌剤ではなく抗生物質や抗原虫薬などでなければ治療ができないので、まずは病院で検査を受けるべきだと思われます。

再発時や病院に行けない状況の場合は市販の薬でなんとか症状を和らげていきます。市販で購入できる薬では男性、女性共に使用が可能で、カンジダに有効な抗真菌剤の入った石けんなどがあります。

基本的には石けんですので、清潔に保ちつつ殺菌をしていきます。その他にも抗真菌効果のある、クリームなどがあります。

こうした市販薬を有効に活用することでカンジダ症になりやすい人は、少しでもその兆候が出たときに利用して症状を酷くならないようにすることが可能です。

しかしながら、特にカンジダ症にかかりやすい女性にとっては、妊娠中なども非常にカンジダ症にかかりやすい時期となります。

妊娠という体にいつもとは違う変化が起きている時期なので、自己判断で市販薬を使用せずに病院に行って、医師と相談の上でどのように対応していくかが重要となってきます。

カンジダ症を発症したままで出産をすると、産まれてくる赤ちゃんが感染してしまう可能性もあるので、特に妊娠をしている女性は気をつける必要があります


カンジダの感染と原因
性器カンジダ症の症状
カンジダの治療方法とその期間
性器カンジダ症の治療薬
性器カンジダ症とは?

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)