トリコモナスの治療薬

性感染症の一つであるトリコモナスは、性感染症の中でも症状は男女共に軽い病気であり、感染していることに気がつかないヒトもいるほどです。

さらに、トリコモナスはしっかりと治療を受けていれば完治をします。そのためには、抗生物質の服用をしていかなければなりません

トリコモナスに使用される薬はメトロニダゾールを含む薬が主に使用されます。これは、市販もされている薬でネットなどの通販でも販売がされており購入が可能です。

メトロニダゾールを含む薬でトリコモナスによく使われているのはいくつかありますが、その一つがフラジールです。ジェネリックとしてアスゾールなどもあります。



このメトロニダゾールはトリコモナスの原因である原虫に対して殺虫効果を発揮します。

また、トリコモナスだけではなく、一般的な抗生物質が効きにくいとされている嫌気性菌による細菌感染症などにも効果があります。その他にもヘリコバクターピロリ菌や、感染性腸炎、また肺炎や腹膜炎などにも用いられます。

トリコモナスの場合は、1回250mgを1日2回、10日間継続して服用をして行きます。内服薬としてだけでなく、膣錠もあります

10日間程度服用をした後に、自覚症状、またトリコモナス原虫の存在を顕微鏡や培養検査などで確認し、消失していることがわかれば治療は終了となります。

ただし、女性の場合は、残存膣トリコモナスが生理の際の血液中で増加することもあるために、生理が終わった後にトリコモナスの原虫が消失しているかどうかを確認する必要があります

フラジールを統とするメトロニダゾール系の薬はインターネットなどでの購入も可能です。

この場合は個人輸入という形で購入をしますが、費用としても1500円程度と安く購入することが可能です。メトロニダゾール系の薬は副作用は比較的少ない薬だと言われています。

しかしながら、まれに食欲不振や胃痛、吐き気などがあることや、血便、下痢などが続く場合には医師と相談して薬の使用方法を相談した方が良いでしょう。

トリコモナス腟炎の治療に使われる薬

トリコモナスも他の性感染症と同様に自然治癒で治ることは期待できず、治療に際しては、抗生物質を使用しながら進めていきます

トリコモナスは症状が男女共に軽く、普段と少し違うとしか思わないことも多く、また、いつの間にか症状が治まっていることもあるためにその発見が遅くなったりして、特に女性の場合は妊娠、出産に影響が出てしまうこともあります。

そのためにも、少しでも異変に気がついたら、早期の検査と治療をしなければなりません。

女性の場合はトリコモナス膣炎はトリコモナス原虫が膣に寄生して症状を引き起こします。

トリコモナス原虫が寄生することで膣内の衛生環境や菌のバランスが崩れ、悪臭や炎症などを引き起こす菌が増殖します。

こうした症状が起きた場合には、主に2種類の薬が処方されることがあります。一つ目は、メトロニダゾール系の抗生物質を使用し、もう一つはチニダゾール系の抗生物質を使用することです。

メトロニダゾール系の抗生物質はメトロニダゾールという薬やジェネリック薬の場合はメトロレックスという薬が処方されることがあります。経口薬の場合は1日500mgの薬を2回服用し、約1週間から10日間ほど継続します。

これらメトロニダゾール系の薬はトリコモナスだけでなく、ディフィシル菌による感染性腸炎や、ヘリコバクターピロリ菌などにも効果的であるといわれています

しかし、アルコールなどと一緒に服用をしてしまうと副作用が重く出ることがあり、腹痛、吐き気、頭痛、めまいなどが出てしまうので注意が必要です。

もう一つのチニダゾール系の抗生物質もメトロニダゾールと同様にアルコールなどとの服用には副作用が出る恐れがあるために注意が必要です。

チニダゾール系の薬で一般的なものは、ハイシジンでジェネリック薬としてチニバやジノジェナなどがあります。1回200mgを1日に2回服用し、1週間から10日程度継続します。

ただし、2000mgを1度に服用しても可能となっています。これらの薬を使用して治療をしていきますが、トリコモナスは感染力が非常に強いことです。

そのために、もしもパートナーがいる場合にはピンポン感染を防ぐためにも、2人での治療と検査をしなければなりません。

トリコモナスの薬は市販されている

トリコモナスも他の一般的な性感染症と同様に抗生物質を使用して治療を進めていきます。

このトリコモナスの治療に使用される薬は数種類あり、病院、または市販薬を自分で購入する場合も、症状やその人に適した薬を選んで治療をして行かなければなりません。

トリコモナスの治療に使用される抗生物質は基本的に男性も女性も同じ物を使用します。しかしながら、女性の場合は軟膏や膣錠などがあります

軟膏は手軽に使用ができますが、手の届かない場所のトリコモナスには効果が薄いために、やはり飲み薬や膣錠などを使わなければなりません

使用される薬としては、メトロニダゾール系の抗生物質が主に使用されています。

病院の場合は、医師が処方してくれますが、もしもインターネットなどで市販薬を購入する場合には、いくつかのトリコモナスに有効な薬があることを把握しておかなければなりません。

特に一般的に使われているのが、フラジールとメトロニダゾールです。フラジールは抗原虫剤で、細菌、寄生虫などの治療と予防に使用されている薬です。市販では、1箱20錠入りで約1500円程度で購入をすることが可能です。

そして、メトロニダゾールはフラジールと同じメトロニダゾールを主成分としており、トリコモナスの他にも嫌気性菌などによる感染症や消化器疾患、肝性脳症などの治療に使用されています。

メトロニダゾールも金額としては変わらず1500円程度で購入が可能です。

どちらも使用方法としては、1日2回10日間服用を続けていき、症状の改善、そして検査によるトリコモナスの消失を確認して治療が完了します。

メトロニダゾール系以外にもセクニダゾールを主成分とする抗生物質もあります

このセクニダゾールは服用した後に体内に吸収されるのが早く効果も早く長く効くということもあり、1回だけ服用をすることで治療が済んでしまうという薬なのです。

どの薬を選んでも男性の場合は飲み薬だけで終わってしまいますが、副作用があったり、しっかりと完治していない場合もあるので、検査と一緒に抗生物質も使用した方がより効果的であると言えるでしょう。

トリコモナスの薬、ハイシジンとは

もしも性感染症にかかってしまったとしたら、その治療には一般的に抗生物質が必要となります。

性感染症の多くは、細菌であり原虫などが原因で起こるために、その菌を消失させなければならず、そのためには抗生物質が必要となるのです。

性感染症の一つである、トリコモナスにも他の性感染症と同じく抗生物質を使用しての治療が一般的です。中でもメトロニダゾール系の抗生物質がよく処方されています

これは男性女性共に使用可能で、1日に2回1週間から10日間使用をして治療をします。

女性の場合は飲み薬だけでなく、膣錠も処方されることがあります。これもまたメトロニダゾール系の抗生物質であります。

メトロニダゾール系の薬の中には、フラジールやアスゾール、またハイシジンがあります。

ハイシジンはトリコモナス原虫だけではなく、マラリア原虫などの原虫の感染によっておこる病気に有効的な抗生物質です。マラリア原虫が赤血球内で増殖するのを阻害していきます。

その他にも、アメーバ赤痢、ランブル鞭毛虫症の治療に用いられたり、突発性血小板減少性紫斑病、胃MALTリンパ腫、早期胃癌の検査で胃内視鏡治療のヘリコバクターピロリ菌の除外の補助などにも用いられています。

ハイシジンだけでなくトリコモナスの治療に用いられる抗生物質は副作用が少ないといわれていますが、アルコールなどと摂取すると、腹痛や嘔吐、動機、顔面紅潮などが起こりやすくなってしまうので、注意が必要となります。

また一度の治療が終わった後に再発の恐れ、また完治していない場合は、1度の目投薬終了から、1週間ほど間隔を置いて再投薬をしなければなりません。

一般的に抗生物質などの薬は毎日欠かさず飲まなければ治療の効果はあまりありません

しかし、その毎日飲むという作業が面倒で、途中で症状が治ってしまうこともあり、使用を途中で止めてしまう人もいます。

これではせっかく飲んでいる薬の効果も有効ではなく、また完治することから遠ざかってしまうために、しっかり投薬を終わらせなければなりません。

トリコモナス膣炎で使える市販薬

トリコモナス膣炎にもインターネットなどで購入できる薬があります。

本来であれば、病院で検査をしてトリコモナスと認められ、さらに症状、生活状況などを見た上で医師と相談してどのような薬が良いか決めていくのですが、トリコモナスに感染した経験がある人であれば、どの薬が効果的かをわかっているので、市販の薬の方が良い場合もあります

トリコモナス膣炎の治療には、トリコモナス原虫という原虫を膣内から駆除しなければなりません。その為には、経口薬、軟膏、膣錠などを利用して治療をします。

主に使用されるトリコモナスの薬はメトロニダゾール系の抗生物質かチニダゾール系の抗生物質を使用します。

メトロニダゾール系の抗生物質はメトロニダゾール、フラジールという薬があります。ただし、ジェネリック薬も購入することができ、その場合にはメトロレックスという薬です。

値段も一箱21錠入りで2500円前後であり、病院で検査や処方を受ける場合の半額程度の値段です。使用方法は1日に2回、1週間から10日程度使用します。

トリコモナス以外にも、嫌気性菌感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染症、などの治療にも使用をされます。

ただし、アルコールを摂取している場合にはめまい、吐き気、腹痛、下痢などの副作用が重く出てしまうことがあるので、注意が必要です。

チニダゾール系の抗生物質も市販薬での治療が可能です。ハイシジンやチニダゾールなどの薬が有名で、ジェネリック薬になるとチニバやジノジェナなどがあります。

メトロニダゾール系の薬と服用法に違いがあり、同じように1日に2回服用する方法と、1回2000mgの服用で1週間程度効果が持続するという方法があります。

ハイジシンはトリコモナス以外にも、嫌気性菌感染症、細菌性腟症、感染性腸炎、ヘリコバクター・ピロリ感染症にも効果があります。

これらトリコモナスの薬を購入するのは非常に簡単であり、比較的安く購入できます。

しかし、本当に治っているかどうかは症状が出にくいトリコモナス膣炎などは判断しにくいために、しっかりと治ったかどうか、また副作用が出てしまった場合などは医師に相談をしてみましょう。

トリコモナスの薬の副作用

トリコモナスの治療は病院で処方された薬だけではなく、インターネットなどで市販されている薬もあります。

しかし、どちらも気をつけなければいけないのは、副作用があるということを認識しておかなければならないことです。

トリコモナスの治療に用いられる薬でもっとも気をつけなければいけない副作用は、アルコールを摂取したときに起こる副作用です。

その症状は、腹痛や嘔吐、動悸、顔面紅潮などを起こしてしまうこともあります。

これは、トリコモナスの治療に用いられる抗生物質には、体内でのアルコール分解を阻害してしまう働きがあるためです。その為に、副作用の症状が出てしまうのです。

もしも、日常的に飲酒の習慣がある人は、禁酒をしなければなりません。しかし、どうしても仕事などの付き合いで飲酒をする場合には服用から72時間以上は時間を空ける必要があるといわれています。

また副作用だけではなく、過去に抗原虫薬を使用した際に過敏症状を起こしたことがある人なども注意が必要です。

その他には、血液障害や、脳または脊髄に病気があったり、てんかん、心臓や肝臓に持病がある人も注意が必要です。

もしも、どれか一つでも心配することがあれば、医師に相談して治療を進めなければなりません。

しかし、もしインターネットで薬を購入している場合は、すべて自己責任となってしまうので、購入前に確認をしなければなりません。

その他にも妊娠中や授乳期である人などもあまり好ましくなく、特に妊娠初期の3ヶ月は避けた方が良いと言われています。

トリコモナスの薬は保険が適用される

性感染症の一つであるトリコモナスに感染すると、通常の治療であれば、病院で検査を行い、その結果によって抗生物質を処方してもらいます。

その後、薬を全て使い切って、もう一度検査をして治療が完了したかを判断します。

この治療の過程で、どれくらいの費用が掛かるのか、またその治療に対して保険が適用されるのかも、治療をする人にとっては気になるところだと思います。

トリコモナスの治療には男女共に抗生物質を使用します。使用する抗生物質はメトロニダゾール系の抗生物質がメインとなってきます。この薬を1日に2回、1週間から10日ほど服用していきます。

女性の場合は、膣洗浄や膣錠が処方される場合もあります。さて、この時、薬にかかる料金ですが、男女共に3000円から5000円が一般的な金額です。これは保険が適用しての金額です。

保険を適用させるには、トリコモナスに感染しているであろう症状があることがまず大前提となります。

トリコモナスの症状は男性の場合は、排尿時の痛みや膿がでるなどであり、女性の場合はおりものの異常や性器のかゆみやはれ、排尿時、性行症時の痛みや不快感などを訴える人もいます。

これらの症状が出た上で、検査をしてトリコモナスと診断されなければ保険適用はされません

また、トリコモナスの治療に関しては病院以外でも可能となっています。インターネットで検査キットや治療薬を購入する場合です。

検査キット、抗生物質共に1500円位なので、病院よりも比較的安価で購入できます。

しかし、本当にトリコモナスでなければ抗生物質も効果がありませんし、個人輸入となる場合はどんな副作用などが起きても自己責任となってしまうので、保険適用外で安いとは言え、注意が必要です。

関連記事

膣トリコモナス症記事一覧

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)