あれから7年後

これはつい最近の話です。クラミジアに感染して、初めて性病治療を経験してから7年が経過しました。

すっかりとそんなことも忘れていたある日、ちょっと股間に強い痒みを感じるようになりました。もともと乾燥肌なのでその影響か、それとも蒸れが原因程度に思っていました。

あまり深く考えずに過ごしていたのですが、翌日になっても痒みが治まらなかったので少しずつ不安に感じてきました。「まさかまた性病かも」ということが頭をよぎりました

状況は前回と同じです。クラミジアの時の彼女とは色々あって別れていました。浮気性で性病に何度もなったことがあるというのが分かったので……。

そして、現在は違う彼女と付き合っています。年も年なので結婚を前提にしたお付き合いで、既に同棲をしています

これでもし性病だったら婚約が破棄されるかもという思いに駆られ、また前回のような不安に襲われました。

実際、今回も身に覚えがあります。症状が出る1週間ほど前に他の女の子とエッチをしました

ただ、クラミジアの時とは違って相手におかしなところはありませんでした。そのため、本当にその時の行為が原因で今のような症状が出ているのか確信を持つことができませんでした。

また、今回は痒みだけで排尿痛とかそういったことがないから大丈夫だろという気持ちも多少ありました。そこでしばらく様子を見てみることにしたのです。

仕事も忙しかったのであまり検査にも行きたくなかったという理由もありますが。

だんだん性器とその周辺に異常が……

しばらく様子を見ようと思って放置していると痒みはさらに増し、だんだん性器とその周辺にも異常が出てきました。痒みを感じ始めて3日後くらい経過した時のことです。

お風呂に入って股間を洗っている時に異変に気づきました。触ると水ぶくれのようなものができていました

黒と赤が混じったような色をしていて、見ていて凄く気持ち悪かったです。この頃から同時に水ぶくれの部分に痛みを感じるようになりました。

また太ももの内側にも痛みが出てきたので、「これは性病だよな……」となんとなく確信しました

ただ、今回は彼女と同棲していることもあって、迂闊に病院に行くことができません。前回は彼女から告白してきましたが、今回はそんな期待を持てません。

彼女とはほとんどセックスをしていなかったので、感染させている可能性は低いですが、バレずに治療ができるのか不安でした。

しかも、今回の彼女は看護師です。見慣れない薬があったら100%バレます。そのこともあり、なかなか病院に行って検査や治療をすることができませんでした。

だんだん痛みが強くなってきたので早めに行きたい気持ちもありましたが、どうすれば波風立てることなくこの問題を解決できるのか必死に考えました

そうこうしているうちに家の事情で実家に2日間だけ、戻ることになったので、地元で検査をしようと考えましたがやめました。

私の地元はとても小さい町なので、プライバシーなんてものが存在しません。それがたとえ病院でも。

もし、性病だったら家族や地元の友達に伝わってしまう恐れがあるのでやめた方がいいという結論に達しました。それでも一人で考える時間はできたので必死で解決方法を考えました。

症状が悪化する一方

実家で色々計画を考えましたが、波風立てずに解決できる方法が思いつかないまま自宅に戻りました。そこには何も知らない彼女がいて心が痛かったです。

症状はというと悪化する一方で、水ぶくれがさらに酷くなっていました。しかも、痛みもかなり強くなってきたのでだんだん我慢の限界が近づいてきました。

何もいい案が浮かなかったので、友人に相談することにしました。

仕事が終わってから友人と会って、ことのあらすじを話すと予想通り笑われました。他人からすると性病なんて笑い話なので予想はついていました。

なんとか彼女にバレずに上手く解決できる方法がないか聞いてみたので、難しいと言われました。

隠れて治療するのにしても一緒に生活をしているとバレる可能性が高いとハッキリと言われだんだん諦めがついてきました。

それなら正直に言った方がいいのでは?と感じ始めました。彼女に浮気の気配があるなら変な話言っても問題ありませんが、その気配がひとつもないので、原因は100%私自身です。

もう彼女に正直に話して楽になりたいという気持ちの方が強くなってきたので、タイミングを見て打ち明けることにしました。

それにしても性病になる時って本当にタイミングが悪いです。フリーの時はならなくて、彼女ができると性病になります。なんて運がないんだろうとつくづく思います。

夜勤明けの彼女は機嫌が悪いので、休みの日に今回のことを話すことにしました。

あえて性病の可能性があるとは言わずに「こんな症状が出てるんだけど何かな?」という軽い感じでいくことにしました。

彼女に自分に起きている異変を告白

タイミングを見計らって、彼女に体の異変を告白しました。性病には一切触れずに「なんだかこんな感じで吹き出物ができてるんだけど……」と話すと「かなり酷いね。なんだろう?病院に行った方がいいかも」と言われました。

意外とあっさりしていて、性病を疑う素振りはありませんでした。これならもっと早めに言えば良かったと後悔しました。

看護師だからすぐにバレると思っていましたが、「医者じゃないから分からない」と言われて、それもそうだなと納得しました。

ただ、ここからが問題です。これで病院に行って性病だと診断された場合、彼女になんて言うのかです。性病になったと伝えたら間違いなく浮気を疑われます。

しかし、何も言わない訳にもいかないです。そんなことを考えているうちに水ぶくれの範囲がもっと広がってきたので、病院に行ってから後のことを考えることにしました。

病院はクラミジアの検査をした時と同じところにしました。新しい病院に行くよりも一度行ったことがあるところの方がなんだか安心できますし。まさか2回も行くとは想像もしていませんでした。

雰囲気からすると間違いなく性病ですが、皮膚病の可能性だってあるので、性病ではないことを祈りながら病院に行きました。

病院に彼女もついていくと言いましたが、理由をつけて断りました。さすがにそれはまずいですからね。

多分、ついてきたら受診の時にもついてくると思うので、おかしなことが言えません。ドキドキしながら待っていると自分の名前が呼ばれたので診察室に向かいました。

いざ2回目の性病検査へ!

2回目の性病検査の始まりです。今回は症状が目に見えていることもあり、先生の診断が早かったです。症状を見てすぐに「性器ヘルペス」と言われました

ヘルペスは聞いたことがありますが、性器ヘルペスは初めて聞いたのでどんな病気なのか全く分かりませんでした

先生の説明を聞くと普通のヘルペスとは別物だというのが分かりました。唇にできるものは口唇ヘルペスといって、下半身にできるものを性器ヘルペスと呼ぶみたいです。

そして、感染原因はセックスまたはオーラルセックスのようです。

ここでオーラルセックスという言葉が気になりました。相手が口唇ヘルペスを持っていて、その状態でオーラルセックスをされた場合も性器ヘルペスになるようです。

ということはセックスをしなくても感染するということなので、彼女を含めて身に覚えが一気に増えました

彼女以外とセックスをしたのは一人だけですが、オーラルセックスを合わせるとその他にもいます。そのため、どこが感染ルートなのか分からなくなりました。

病院の先生からパートナーがいるならその人も検査した方がいいと言われました。

症状が出てからエッチはしていませんでしたし、その前からも彼女とはしていなかったので移してはいないとは思いますが、不妊になる可能性がある性病だと伝えられたので、彼女にも病名を話すことにしましたさすがに私のせいで不妊になったら困りますし

先生の話を聞きながら、もしこれで別れを告げられてもいいと覚悟しました。悪いのはどっちにしろ自分だしね。

性器ヘルペスというやっかいな性病

性癖ヘルペスについての説明はかなり長かったです。クラミジアの時もそれなりに長かったですが、今回の説明はそれ以上でした

それもそのはず、この性器ヘルペスという病気は一度なると完治することはないそうです

体内に入ると薬を使用しても完全にウイルスを死滅させることが難しく、再発する恐れがあります。そのため、完治を目指すというよりも症状を抑える治療を行います。

症状が重い場合は入院することもあると言われ、あのまま放置していたらと思うと恐怖を感じました

私の場合はまだ初期症状だったようで、内服薬と軟膏で治ると言われてホッとしました。しかし、一生治らない病気だと聞いて、ショックが大きかったです。

とんでもない性病にかかったと思いました。ただこの性器ヘルペスに感染している人は結構多いみたいで、自分だけが特別ではないと言われました。

たしかにそれはそうかもしれませんが、それでも治らないと言われるとショックです。免疫力が下がると再発しやすいと言われ、疲労やストレスを溜めないことが大事だとアドバイスされました。

どのくらいの確率で再発するのか質問してみると1年以内に8割だと言われ、さらにショックが大きくなりました。

8割ってほとんどですよね。それでも初めて感染した時よりは、2回目以降の方が症状が軽いようです。

検査を終えて、帰りに2週間分くらいの薬をもらいました。飲み薬は1週間分程度だったと思いますが、塗り薬が多かったです。

彼女に性器ヘルペスだと告白

自宅に戻り、彼女に性器ヘルペスだったことを打ち明けました。この時、浮気のことは言わずにただ「性器ヘルペスだった」と言いました。

どんな反応をするのかビクビクしましたが、反応は意外でした。実は彼女も性器ヘルペスに感染したことがあったのです。

だから、性癖ヘルペスが再発する性病だと彼女は知っているので「私が原因かな?」と言ってきました

自分は「う~ん、そうかもね」と言って、彼女に罪を押し付けてしまいました。これはいまだに悪いと思っています。

なんとか浮気がバレずに解決しましたが、心が痛いです。彼女の場合は5年ほど前に性器ヘルペスになって、たまに体調が悪くなると再発するみたいです

その度に病院に行って薬をもらっていると言っていました。今回も前回のクラミジア同様、彼女に思い当たる節があったのでなんとか大事にならずに済みましたが、あまりいい気分ではないですね。

どうして自分は性病を持っている女性と付き合ってしまうんでしょうね。

正気、今回も何が原因で性癖ヘルペスになったのかは分かりませんが……。どっちにしても彼女が原因でなった可能性があるというのは嬉しくありません。

結婚を視野に入れて付き合っていたので、ちょっとショックです。そして、彼女と話し合って、性癖ヘルペスが再発した場合はエッチをしないようにしようと決めました。

これはお互いのことを考えてです。もやもやする部分はありますが、まずは無事に解決したので良かったことにします。

性器ヘルペスは治るまで時間がかかる

飲み薬と塗り薬で治療を始めましたが、なかなか治りませんでした。クラミジアの時は薬を一度飲めばOKでしたが、性器ヘルペスは残念ながらそう簡単に症状が改善されません。

5日くらい続けて、ようやく少しずつ治ってきました。薬による副作用は感じられませんでした。クラミジアの薬は強かったですが、性器ヘルペスの薬はあまり強くないのかもしれません

飲んでいても下痢をしたり、気持ち悪くなるようなことはなかったです。やがて飲み薬の方が無くなり、後は塗り薬をひたすら使い続けました。

治療中はもちろん、セックスは禁止です。相手が既に性癖ヘルペスに感染していようがしない方がいいみたいです。症状が治るまで2週間くらいかかったと思います。

そういえば、治るまでの期間、患部を拭いたタオルで他のところを拭いたりするのはやめた方がいいと言われました。後、自分が使ったタオルを他人に使わせるのも禁止です。

もし性器ヘルペスになった場合、これは守ってください。だから、できれば患部を拭いたタオルは一回一回洗濯をした方がいいと言っていました。私はその言いつけをしっかりと守りました。

そのこともあって、2週間くらいで治ったのかもしれません。長引く人は結構長くなるようですし。そして、治療期間中に一番気をつけたのが免疫力のアップです。

免疫力が下がると再発したり、治りが遅くなるので、なるべく規則正しい生活をするようにしました

夜中まで起きていることが多かったですが、12時前に寝るようにして、ご飯も栄養バランスを考えて食べるように意識しました。

性器ヘルペスとの付き合い方

今のところ、性器ヘルペスは再発していません。免疫力が下がると再発する可能性が高くなるので油断はできませんが……

今は彼女と一緒に免疫力の低下に気をつけて生活をしています。ストレスや疲労が原因で再発する可能性が高いようなので、お互いこの2つには注意しています。

それに食事です。食事にはかなり気をつけるようになりました。以前まで栄養バランスなんて気にせずに食べていましたが、今はしっかりと考えて食べるようにしています。

どちらかが休みの日や早く帰ってきた時は、片方が自炊をするようになりました。性癖ヘルペスになってから前よりも健康的な生活を送っています

こういった風に気をつけて生活をしないとすぐに再発してしまうみたいで、しかも一年以内に再発する可能性が高いと言われたので、まずは一年再発を防ぐ努力を続けます

今までクラミジアと性癖ヘルペスという2種類の性病にかかりましたが、これらは防ごうと思えば防げたものです。どちらも不特定多数の人と関係を持っていて、コンドームを使用していませんでした。

コンドームをするだけで性病リスクが一気に減るようなので、今は絶対にするようにしていますし、彼女以外とはそういったことをしないようにしています。

さすがにもうこれ以上性病に悩まされるのは嫌なので。性病になると自分だけではなく、パートナーの心配もしないといけないのが辛いです。

自分のせいで移したかもと思った時のあの何とも言えない罪悪感は忘れることができません。

関連記事

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)