エイズノイローゼの症状はエイズと同じ

ノイローゼとは一般的に身体にはなにも異常がないにもかかわらず精神的な原因によって、身体や精神に色々な症状が出てしまうことを言います。

実はエイズにもノイローゼがあって、エイズ以上に厄介な問題になってしまうことがあります。

エイズノイローゼはエイズにかかっていない人が自分がエイズかも知れないと思い込み、それが原因で精神、身体に症状が出てしまう状態のことを言います。

主にエイズノイローゼになると、検査を受けたとしてもその結果が信じられずに何度も手を替えしなをかえ検査を受けてしまいます。

この手の不安はどんな病気であれ起こりうることではありますが、エイズの場合は命の危険性を伴うこともあるためにより症状が重くなり、思い込みも深くなってしまいます。

実際にはHIVに感染してもエイズを発症させたとしてもすぐに命の危険性は現在はない慢性疾患なだけなので、そこまでパニックになる必要はないのです。

もしもエイズノイローゼになってしまうと上記のような精神的な症状だけでなく、身体にも症状がでてきます。

これはストレスによる物が多くありますが、下痢や腹痛などを引き起こすことが多く見られます。元々胃腸が弱くストレス耐性が少ない人はこの下痢の症状が続いてしまいます。

その他にも関節痛や脂漏性皮膚炎になる人もいます。

これらの症状はインターネットで見た情報であり、「自分はエイズかも知れない」という不安がエイズと同じ症状を引き起こすという、まさにノイローゼを象徴しているような症状なのです。

その他にも不眠症や食欲減退、また体重減少などエイズの初期症状と同じ症状が出てしまう人も多くいるそうです。

こうした身体的症状がでてしまうと余計に深くノイローゼになってしまいます。そうしないためにも、まずはしっかりと医療機関やキットなどで検査を受け医師などに相談をすることが大事となります。

その上で、ノイローゼが酷いようであれば、心療内科などで治療を受けなければなりません。

正しい知識と情報を得て、心配であれば専門家に相談することがエイズノイローゼを予防するためにはしなければなりません。

関連記事

その症状は本当にエイズ?

何か悩み事があるとそれが身体であり精神面に影響して何らかの症状が出てしまうことをノイローゼと言います。

これはどんなことにでも起こりうることで特に自らの命に関わることや、重要な局面であればあるほど重症化することもあるそうです。

エイズにもこのノイローゼの状態が当てはまることがあります。これは、本当はエイズではないのだが、自分がエイズだと思い込んでしまい、その結果、身体的、精神的に何らかの症状が出てしまうことを言います。

エイズノイローゼになると1日中、エイズに罹っているのではないかという恐怖に悩まされるようになります。

実際にエイズの症状などについてインターネットで検索をしてみると、HIVに感染してすぐの急性感染期とエイズを発症する前に風邪のような症状がでます。

発熱、皮膚の発疹、体重減少、リンパの腫れなど誰でもが経験したことのあるような症状です。

これらの症状が出てしまった原因が思い当たる場合、コンドームなどを使用せずぶ性交渉をしてしまったり、薬物注射を回して使ったり等をしてしまった場合などにノイローゼに襲われます。

さらにエイズに関しての正確な情報がない場合はここに追い打ちをかけます

よくあるのが、HIVに感染したらすぐに命の危険があるということや、握手をしたり人とコミュニケーションをとることが一切できなくなるなど、間違った情報を持っている場合は特に危険です。

しかも、自分が悪いことをしてしまったという感情に苛まされ病院などで検査を受けることに億劫になってしまうと余計に深みにはまってしまいます。

エイズノイローゼにかかってしまうと、エイズと同様の症状が出てきてしまいます

エイズを発症する前やHIVにかかってすぐの時と同様に発熱がはじまり微熱が続きます。そして、不安から不眠症になり下痢や体重減少などをおこすこともあります。

もしも自分がエイズかもしれないと思った場合、自分で調べてみることも大事ですが、まずは医師などに相談をして検査をしてみると良いでしょう。

保健所では匿名でさらに無料でできるところもありますので、そちらを調べることをオススメします。

関連記事

エイズノイローゼの解消方法

HIVに感染してしまい、少しの症状が出てそこから無症候期が来ます。このあたりでは自覚症状などはまったくないと思いますが、そして本格的なエイズを発症する頃にはHIVに感染していることが明らかとなるでしょう。

こうしたエイズ発症の流れをしらず、インターネットなどでエイズの症状などがでていて、もしかしたら自分もエイズかもしれないと思い込んでしまうことです。これもエイズノイローゼと呼ばれています。

エイズノイローゼは特に病気ではありません。単純に精神的に追い詰められている状態です。

エイズノイローゼの原因としてはエイズに対する知識がはっきりとないために、自分の中で恐怖が広がっていくことです。

「ひょっとしたら自分がエイズかも知れない、そうするとすぐ死んでしまって・・・」と考え出すと夜も眠れなくなってしまうようになってしまうことを刺しています。

そしてその考え方をはっきりさせるために、医療機関や保健所、自分で購入したキットなどで検査を受けたとします。その結果陰性であり、特に問題はないと診断されます。

しかし、エイズノイローゼに陥っている場合はこの陰性であるという結果も受け入れることができなくなってしまいます

この結果を疑いだしてしまい、何度検査を受けても自分がHIVに感染しているのではないかと思い込んでしまうのです。

このエイズノイローゼを予防し克服するためにはまず第一にエイズに対して正しい情報や知識を持つことが非常に重要です。

インターネットで調べると無数の情報が氾濫しており、その中には不安を煽る物や信憑性に欠ける物などがあります。こうした情報と正しい情報を見分けていかなければなりません。

このエイズノイローゼのために本当はエイズにかかっていなくても体重減少や発熱、下痢などのエイズと同様の症状を発症してしまう人もいるのです。

もしも自分がエイズではないかと思うことがあったら、しっかりと検査をして医師などに相談をして体をチェックしなければなりません。


HIV・エイズ記事一覧

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)