クラミジアの治療薬

クラミジアを治療して行くには必ずといって良いほど抗生物質による治療が必要です。

自分がクラミジアに感染しているなと思ってもその症状が軽いからとか、自然治癒で治るであろうと思っていても治りません。

クラミジアはしっかりとした治療をしなければ体内にずっとウイルスが居続け、簡単に人に感染してしまう病気なのです。

このクラミジアを治すにあたっては主に3つの種類の抗生物質があります。それが、マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系となっています。

これらの薬は基本的に1週間から2週間服薬し、その後3週間から4週間経ったところで再検査をして陰性となれば完全に治療が終了となります。

マクロライド系の薬の中で有名な物はジスロマックです。クラミジアの他、マイコプラズマや真菌にも効果があります。

もし、このジスロマックが効果がなかった場合に用いられるのがクラシッドという薬です。

こちらもマイコプラズマにも効果があり、その他にグラム陽性菌や百日咳菌、そしてピロリ菌などにも有効です。

テトラサイクリン系にはビブラマイシンミノマイシンがあります。ビブラマイシンはクラミジアの他に、皮膚感染症、呼吸家感染症、耳鼻科感染症などに用いられます

ビブラマイシンは不妊治療の際に、精子をよりよく保つために処方されるなど幅広い用途が特徴的です。

ミノマイシンはクラミジア、リケッチア、グラム陰性菌、グラム陽性菌などの細菌に対して高い効果があると言われています。ニューキノロン系で有名なのはクラビットです。

クラミジアの他にも咽頭炎や、気管支炎、肺炎、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎などにも用いられジスロマックやクラシッドでも効果がなかったときにも用いられます。

この3種類の抗菌薬の他には新しいケトライド系のケテックという薬があります

マクロライド系に似ており、レジオネラやマイコプラズマにも有効で、耐性肺炎球菌に対しても非常に効果があります。

しかし、意識消失や肝炎などの副作用も報告されており、他の薬が効かないときに用いられることが一般的ではあります。

クラミジアは薬を飲めば治る

治りやすいが故に、簡単に治る病気だと思ってしまい、軽い病気だと思ってしまうことがあります。その一つが性感染症でもっとも患者数が多い病気でもある、クラミジアです。

世界中の先進諸国を見ても、日本が非常に多くの患者を抱える国となっており、治る病気ではある反面、なかなか患者数も減らない病気ともなっています。

しかし、実際にクラミジアはその薬の研究も非常に進んでおり、有効な薬がたくさん出ており、しっかりと治療をしていれば治る病気なのです。

男女共に同じ治療方法が用いられ、抗生物質を1週間から2週間使用し続けていきます。その後、3週間ほど期間をあけて再度検査を行いチェックをします。

ここで陰性であれば治療は完了となりますが、陽性となった場合には別の抗生物質などを利用して、再度治療と検査を行っていきます

クラミジアの治療率は大体90%から95%といわれています。100%ではない理由としては必ずしも抗生物質が有効ではない場合があること、薬の飲み忘れや、精巣上体炎や前立腺炎などその他の病気を患っている場合は、治療率が低くなってしまいます。

クラミジアに使用されている抗生物質は最初の薬ができてから現在までに約250種類以上の薬があり、治療に使われているものだけでも100種類あると言われています。

系統としては、マクロライド、ペニシリン、セフェナ、テトラサイクリン、ニューキノロンなどの系統があり、その症状やクラミジア以外に罹っている病気などを予想して処方していきます。

マクロライド系ではジスロマックやクラリスなどの薬があり、抗菌力が強いことが特徴です。

マクロライドと共に多く用いられているのはニューキノロン系で、クラビットやタリビッドなどがあります。

こうしたクラミジアのための抗生物質は非常に効果が高くはありますが、薬を飲み始めるとクラミジアの症状は治まってくるために治療を途中で辞めてしまう人が多いのも事実です。

クラミジアは感染力が強いために、治療をして、症状が治まっても再発する可能性があるためにしっかりと完治するまで治療を続けなければなりません

クラミジアの薬は市販でも購入可能

もしもクラミジアに感染してしまった場合には抗生物質で治すしかありません

クラミジアは自然治癒で治ることはありませんが、しっかりと薬を飲んでいてれば90%から95%の割合で治る病気なのです。

では、この薬はどのようにすれば入手することが可能なのでしょうか。まずクラミジアの治療で一般的なものは病院での治療でしょう。

クラミジア症状は男性の場合排尿痛や膿が出ることがあり、女性の場合は性交渉時の下腹部の痛みや出血、またはおりものの増加などが見られます。

これらの症状が出た際には病院に行き、検査を受けると同時に抗生物質を処方してもらいます

そして、薬1週間から2週間の服薬をして、さらに2週間から3週間を置いた後に再度検査を行います。ここで陰性であれば完治となるのです。

しかし、病院でのこうした検査から薬を処方してもらう以外にも薬を購入する方法はあります。それはインターネットなどで市販されている薬を購入することです。

日本国内においては、ドラッグストアや薬局などではクラミジアの抗生物質を購入することはできません。医師からの処方箋があって初めて購入することができます。

しかし、現在ではインターネットを通じて個人輸入という形で利用することは可能なのです。さらに後発薬品のジェネリックの普及も手伝って、簡単に誰でも購入することができるようになりました。

実際に海外などではこの方法で薬を購入するケースが非常に多く、日本でもこの形が多く取られ初めています

もしもクラミジアの抗生物質を購入する場合は、1回病院でクラミジアの検査や治療を受けたことがある人が利用をすることが進められています。

やはり素人判断でクラミジアだと思うから、クラシッドやジスロマックが有効なのではないかと思っても、実は別の性感染症であったりすることもあるからです。

当然ながら医師の処方や診断がないので、保険の適用もなく、後遺症や副作用が激しく出てしまう場合があります

インターネットでの薬の購入は手軽で安価である反面、そうした危険性も含んでいることを注意しなければなりません。

クラミジア治療にはジスロマックが便利

クラミジアに感染した場合は、あの治療には主に抗生物質を使用して治療を進めていきます。

クラミジアの治療に使われる抗生物質にはクラビットやキノロン系のクラビットやテトラサイクリン系のアポミノサイクリン、またマクロライド系のルリッドやジーマックスなどがあります。

どの薬も約1週間から2週間ほど1日2回から3回ほど薬を服用していきます。

しかし、こうした毎回の服用が億劫になってしまい飲まなくなる人も多くいます。実はこの行為がクラミジアが日本で一番蔓延している性感染症の原因になる行為であり、しっかりと治療を続けず感染を広げてしまう原因になるのです。

しかしながら、1度の服用でその効果が1週間程度持続するという薬があります。これがジスロマックです。

ジスロマックは1度の服用で1週間効果が持続すると言うこともあり、その手軽さと、除菌率が90%という非常に高いことからも注目をされています。

ジスロマックはアジスロマイシン水和物を主成分としており、このアジスロマイシン水和物が腸から血液に入り、白血球とともに1週間から2週間程度の間で体内を巡り、クラミジアに効果を現していきます。

そのために、服用してからすぐに症状が治まるなどの効果はありません。主に最近による感染症、グラム陽性菌、グラム陰性菌そしてマイコプラズマなどにも効果があります。

ジスロマックの入手には病院で処方してもらう方法と通販や個人輸入で購入する方法があります。

基本的にはジスロマック1000mgを1回だけ飲めば1週間程度効果があるために、経済的にも安心して使用ができる抗生物質です。

またジスロマックは副作用が少ないことでも有名で、妊娠中の女性が飲んでも胎児への影響もないために妊婦の方が使用することも可能です。

しかしながら、中には吐き気や下痢、目まい、腹痛などの副作用を起こす場合もあるために、その際には医師に相談の上、治療の変更も視野に入れなければなりません。

クラミジアの薬はクスリックスで購入できる

クラミジアは抗生物質で治療することで治療が可能な感染症です。

病院で薬を処方してもらう方法が一般的ではありますが、すでにクラミジアに感染した経験がある人は、通販などでもクラミジアの抗生物質を買うことが出来、簡単に治療をすることも可能なのです。

ネットなどで薬を頼む際にどのお店に頼めば良いのかわからなくなるくらい多くのお店が存在します。

特に薬に関しては海外からの輸入をしていたりするのでより安心できて、さらに安価で購入できるお店を知りたいと思い人も多いと思います。

そんなお店の一つに「医薬品個人輸入通販代行サイトクスリックスディップロベル」があります。

性感染症だけに限らず、ED治療薬やピル、禁煙薬なども取り扱っており、その用途に合わせた薬の購入が可能です。また最安値通販と掲げられており、値段もかなりお得になっています。

クラミジアは抗生物質での治療となりますが、クスリックスではジェネリックの抗生物質も購入が可能です。

ジェネリックは病院で処方される薬と同じ成分でできておりその効果も同じとなっています。さらに安く購入できるので、多くの薬局などでも取扱いが目立つ者です。

クラミジアにはフルコナゾール配合のダイフルカンやレボフロキサシン配合のクラビットがあります

ダイフルカンはクラミジアの他カンジダや真菌症などに効果があり、真菌細胞膜の構成を助けてくれます。

クラビットはクラミジアの治療ではおなじみで、淋病や前立腺炎、膀胱炎などにも効果があり幅広く使用されている薬です。

クラミジア治療にある副作用

クラミジアの治療には抗生物質が不可欠であり、現在使用されているクラミジアに有効な抗生物質の数はおよそ100種類あると言われています。

ほとんどの薬は1週間から2週間分が処方され、その治癒率も約90%から95%非常に高い薬となっています。

しかしながら、どの薬にも副作用が存在するように、クラミジアの抗生物質にも副作用は存在します。

非常に副作用がでる確率も低く、症状も酷くなりにくくはありますが、もしも薬を飲み始めてから症状が出るようであれば治療法を検討しなければなりません。

クラミジアの治療でよく使われる抗生物質の一つにジスロマックがあります。

これはマクロライド系の抗生物質でクラミジアの他にも、呼吸器感染症、皮膚感染症、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患など感染症治療に幅広く使用されています。

なんといってもジスロマックの特徴は普通であれば1週間から2週間、1日に2、3回服薬しなければならないのですが、1回の服用でその効果が1週間ほど持続すると言うことです。

1000mgを服用するだけで1週間持続するので、経済的な負担が軽減されるのはもちろんのこと、クラミジア治療が終わらない原因の一つでもある、薬の飲み忘れなどもケアできる薬なのです。

しかし、その反面、下痢、嘔吐、腹痛、そして血栓性静脈炎などの副作用が報告されております。

そして、ジスロマックと同様にクラミジアの治療で処方されている抗生物質としてはクラリスがあります。

クラリスはクラミジア以外に、グラム陽性菌、マイコプラズマなどの細菌に非常に効果があるために、呼吸器科や耳鼻科などでも使用されています。このジスロマックも副作用はかなり少ないです。

症状としては、胃痛、下痢などの胃腸症状が現れることがあります。中には滅多に起こることはないと言われていますが、発熱や不整脈、蕁麻疹なども出ると言われています。



ジスロマックやクラリス、その他の抗生物質もクラミジア治療に使用されているものは副作用が少なく、比較的安全に服用できると言われています。

しかし、薬が合わず副作用が出てしまう場合もあり、その時は治療法を変更しなければなりません。副作用かもしれないと思った場合には医師に相談をして、治療を進めなければなりません。

クラミジア記事一覧

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)