ヘルペスの治療薬

ヘルペスの薬で一般的に処方されるものとしては内服するもので、バルトレックスがあります。

バルトレックスは塩酸バラクシロビルという有効成分を含んでおり、体内でヘルペスウイルスが増殖する際に起こるDNA複製を阻害し、症状を和らげ、再発などに効果があります。また、副作用が少ない飲み薬としても有名です。

その他にも、ゾビラックスという薬もあります。この薬は内服薬だけでなく、軟膏、顆粒、ゼリーなど様々なタイプがあります。ゾビラックスの主成分はアシクロビルです。

体内に取り込まれたアシクロビルはヘルペスウイルスの増殖を抑え、症状を緩和してくれる作用があります。しかしゾビラックスは1日に5回服用する必要があります

これは体内に含まれると、患部に到達するまでに弱まってしまうためです。1日5回の服用は手間もかかるために、飲み忘れが多いなどの問題がありました。

そこで、ゾビラックスを製造販売しているグラクソスミスクライン社が改良を重ね、バルトレックスを開発しました。

初感染や中等症の場合には、抗ヘルペス薬(アシクロビル、バラシクロビル)の内服を行い、重症例や免疫不全者では抗ヘルペス薬(アシクロビル、ビダラビン)の点滴静注を行います。細菌の二次感染を伴うことがあるので抗生物質の全身投与または外用を行うこともあります。

引用元:ヘルペスの治療より-日本皮膚科学会



その他にも製薬会社ノバルティスファーマ社が製造販売しているファムビルがあります。

日本でも2008年から認可され、現在ではマルホ社から販売されています。ファムビルは主成分であるファムシクロビがヘルペスウイルスの増殖を抑制して、症状を軽減します

体内に入るとペンシクロビルに代謝され、ヘルペスウイルスに感染した細胞内で、ペンシクロビル3リン酸に変化をし、ヘルペスウイルスの増殖を阻害してくれるのです。

ヘルペスは内服薬で治すのが一般的ですが水疱ができて破れてしまう場合などは、塗り薬などでその症状を和らげていきます

ヘルペスの代表的な薬「バルトレックス」

帯状疱疹、口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどに罹った場合は、すぐに病院に行って治療を始めなければなりません。

ヘルペスに感染すると水疱ができ、痛がゆくなってしまうので掻いて水疱が破れてしまうとさらに症状があっかしてしまうのです。そのためにも早期に治療を始めるのが有効なのです。

ヘルペスの治療で最も使用されるものはバルトレックスという薬です。バルトレックスはグラクソスミスクライン社というイギリスに本社がある、世界4位の売上規模を誇る製薬会社から製造販売されているヘルペス治療用の薬です。

このバルトレックスに含まれている、塩酸バラシクロビルという成分が体に取り込まれることで、ヘルペスウイルスは体内から消えることはありませんが、ヘルペスウイルスの増殖を抑え、症状を和らげ、抑制や再発防止に効果を発揮していきます。



ヘルペスに効果のある薬の中でもバルトレックスの最大の特徴は、吸収率が高く副作用が非常に軽いことです。

吸収率が高い理由の一つに、バルトレックスがDNAポリメラーゼ阻害薬であることがあります。

ヘルペスウイルスは増殖して人体に症状を出すときにはウイルスのDNAを複製して増殖をしますが、DNAポリメラーゼ阻害薬であるバルトレックスはこのヘルペスウイルスの増殖を防ぎます

しかし、人間の体内のDNAポリメラーゼを阻害する効果はないので、ヘルペスウイルスのみに効果的なのです。

病院で口唇ヘルペスと診断されバルトレックスが処方される場合には、最高で5日間分の薬が処方されます。しかし性器ヘルペスの場合は上限はなく処方をして貰えます

これは性器ヘルペスは再発しやすく、年に6回以上繰り返しやすいという理由から処方の上限がありません

帯状疱疹も1生で1度以上掛かることは希なために上限があります。服用する回数は、帯状疱疹なのか単純ヘルペスなのかヘルペスの種類によって違ってくるので、確認が必要です。

バルトレックスは優れた薬であるが故に高価な薬でもあります。そのために、病院では診察料なども含めると非常に高額になってしまうこともあります。

ヘルペスが再発しやすい人は、インターネットなどで個人で購入するなどして、延伸して治療をすることもできます。

性器ヘルペス

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)