A型肝炎とは?

A型肝炎ウイルス(HAV)はピコルナウイルス科ヘパトウイルス属に属するRNAウイルス肝臓に炎症を起こし肝細胞の破壊、肝機能の低下を起すウイルス性肝炎の一種で感染力は比較的強く主に経口感染で、糞便に汚染された器具、手指等を経て感染します。

ウイルスに汚染された水を飲んだり牡蠣などの生魚を食べることで感染し約4週間の潜伏期を経て発病します。性行為ではアナルセックスやオーラルセックスにより、口からウイルスが入って感染します。

A型肝炎という病気はそもそもA型肝炎ウイルスに感染することで起こる肝炎のことを言います。このA型肝炎ウイルスは食品や水、便などを介して感染していくウイルスです。

日本でもおなじみの、ノロウイルスと同様に食品を介して感染はするものの、食品の中では増殖はしません。

これは、B型肝炎、C型肝炎などのその他の肝炎も同様です。しかしながら、A型肝炎だけは慢性化することはあまりまりません。

A型肝炎の原因は?

このA型肝炎ウイルスは非常に酸に強く、アルコールなどにも耐性があるために、高温度の加熱や紫外線照射、塩素処理などが必要なほどです。

口から入ったA型肝炎ウイルスは消化管から肝臓に入り増殖をします。酸に強いために消化器では消えることはなく、そのまま糞便として排出されます

そして、その糞便からまた感染を広げていく原因と成増。

A型肝炎になる原因と言われている、食品や水便などですが、日本ではその原因食品として明らかになっているのは、ムラサキ貝とにぎり寿司による事例のみとなっています。その他、牡蠣や肉、野菜、フルーツなども感染源としてしられていますが、あくまでも推定であります。

日本国内では感染源が明らかとなるケース、つまり原因がわかっているケースはかなり希です。

それは、日本は世界的に見ても食品衛生、生活環境が衛生で、水質も世界一といわれています。それだけに、A型肝炎ウイルスが感染する環境にはありません。

しかしながら、日本をはじめ先進諸国以外の国々では感染原因は多くあります。実際に牡蠣などの2枚貝、ネギやレタス、ラズベリー、イチゴといった野菜や果物による感染報告もあります

世界中でA型肝炎の国別での発生状況は中国、インドや隊、マレーシア、シンガポール、フィリピン、ベトナムなどの東南アジア、やサウジアラビア、イラン、イラクなどの中東、またアフリカ諸国や南米など世界の多くの国が発生地域として確認されています。

そのために、該当する国へ渡航する予定のある場合は、A型肝炎のワクチンを接種することが進められています。

A型肝炎ウイルス食中毒

A型肝炎ウイルスはウイルス性食中毒を引き起こすピコルナウイルス科のへパトウイルス属のウイルスです。

同じく食中毒を引き起こす原因となる微生物には、細菌や原虫、その他にウイルスがあります。

細菌で有名な物はサルモネラ菌腸炎ビブリオといった身近な物から、赤痢菌、コレラ菌、またチフス菌など死に至る物まであります。

また毒素型もボツリヌス菌など非常に危険な食中毒を引き起こす物があります。

A型肝炎を含むウイルス性食中毒では冬場に多く見られるノロウイルスやE型肝炎などもあります

E型肝炎もA型肝炎に類似しており、希に劇症化がすることはあるが、症状としては風邪ににていて、対処の仕方も対処療法のみで、潜伏期間や発症期間なども似ている、急性肝炎であります。

性病の潜伏期間

そのE型肝炎ウイルスやノロウイルス同様にA型肝炎は食品や水を介して人に入り込みます

食品の中でも特にカキなどの二枚貝が感染源ではないかと推測をされていますが、多くの事例ではその感染源が特定されていません。

唯一、日本国内でその原因が明確となっているのが、ムラサキ貝とにぎり寿司と魚介類のみとなっています。

しかしながら、アメリカではメキシコ産の冷凍イチゴを原因とした食中毒が発生したほかに、中国では30万にンにも及ぶA型肝炎ウイルスの食中毒が起きた事例もあります。

このA型肝炎ウイルスの食中毒にかかると、38度以上の発熱のほか、下痢、吐き気、倦怠感などの初期症状が出て、黄疸が出てくるのが特徴的です。

それだけに、風邪を引いただけだと勘違いをしてしまう人も多く見られます。

基本的にA型肝炎ウイルスに感染すると、自然治癒と対処療法で治すしか方法はなく、抗ウイルス薬はありません

それだけに、A型肝炎ウイルスに感染しないようにするためには、ワクチンの接種や、手洗いうがい、また食器などをしっかりと次亜塩素酸ナトリウム溶液などで洗浄するほか、食品などは85度以上で十分に加熱するなどの対策をしなければなりません。

A型肝炎の感染経路は?

A型肝炎ウイルスは日本国内においては、例えば冬場のインフルエンザやノロウイルスなどのようにあまり病気として恐れられているわけではありません。

それは、日本ではA型ウイルスの原因となった食品が明らかになったのは2例だけであり、第2次世界大戦頃までは常在伝染病でしたが、現在はその感染経路である、国内の衛生環境が世界でもトップレベルに整ったためであるからだと言われています。

しかしながら、日本のように衛生環境が整っていない国々では、A型肝炎ウイルスに感染することは珍しいことではありません。

それだけに、先進諸国から、それ以外の国々へ渡航する際にはそのワクチン接種がなされています

なぜなら、A型肝炎の感染経路は特別な経路ではなく、誰しもが簡単に感染してしまう経路であるからです。

A型肝炎に感染する経路としては、ウイルスが水や食品に含まれ、それを食べたり飲んだりした人が感染して、さらにそれを広め集団感染が起こります

A型肝炎に感染している人の便などが川にながれそれを接種した魚などが人に釣られてその魚を食べることでまたA型肝炎ウイルスが広まります。

その他にも感染している人が自分の便に触ってしまい、その手で食物を触り、それを他の人が食べるだけでも感染してしまいます

つまり、感染力が非常に強く、ちょっとしたことで人から人へも感染してしまう、経口感染のウイルスなのです。A型肝炎ウイルスは酸に非常に強いために人間の消化器に入っても消失はしません。

85度以上に加熱するか、紫外線照射、塩素処理などをするしかありません。そのために、人間の体内に取り込まれても、消化することなく糞便とともに排出されて感染の原因となってしまうのです。

こうのように日本も含めた先進諸国ではA型肝炎は殆ど感染しにくいウイルスであり、感染経路がほとんどなくなりました。

しかしながら、抵抗力を持たないままでA型肝炎に感染してしまう人も出てきてしまいました。その結果、従来よりも集団感染となることが多く見られるようになったということも見られています。

性病の感染経路

A型肝炎の初期症状

初期段階の症状は発熱、倦怠感、食欲低下、下痢、嘔吐など風邪に似た症状を起し、肝機能低下によって黄疸が出現し肝腫大があらわれ皮膚や眼球の黄色に変化することに気づきます。

高齢者ほど症状が重くなり肝機能の回復には1、2ヶ月必要とされるそうです。

感染してから1~2ヶ月の間で発症すると言われています。子どもの場合はその症状が出ることがないことも多くあります。

海外渡航をした際に感染してしまうケースが多くあり、渡航前にはワクチンを受けることが進められています。しかしながら、感染してしまうと風邪に似た症状がでて、検査を受けた結果A型肝炎に感染していたという場合があります。

A型肝炎は感染し発症が始まると風邪と同様で、熱が出ます。そのほとんどの場合は38度以上の熱が出て、体がだるくなります

しかしながら、この時点ではあまりA型肝炎に感染していると気がつく人はいないそうです。その他には吐き気や腹痛、不快感などが多く表れます

子どもの場合は下痢が見られることもあります。こうした初期症状は大凡1~2週間続きます。

このA型肝炎ウイルスに対する薬がないために、対処療法で治療を進めていくしかありません。吐き気や高熱で食欲がない場合にはブドウ糖などの点滴で症状の改善を図っていきます。

あまりにも症状が重い場合には入院することも進められます。こうした初期症状のあと出た後に黄疸がでてきます

この黄疸が2~4週間ほど続きます。ほとんどの場合は黄疸が収まってくる頃には完治しており、体内にA型肝炎ウイルスに対する免疫ができ、再び感染することはなくなります。


このようにA型肝炎に感染すると1ヶ月後には発症して、そこから1~2ヶ月では完治してしまうと言う、急性肝炎であります。そのために、B型やC型肝炎のように慢性肝炎となることはありません

しかしながら、B型やC型のようにA型肝炎に対する薬があるわけではないのも事実です。つまりA型肝炎ウイルスに感染してしまうと基本的には自然治癒に頼るしかありません。

それだけに、いかに初期症状が出た際に対処できるかが重要となってきます。

子供のA型肝炎の症状

A型肝炎に感染すると、発熱、下痢、吐き気、だるさ、そして黄疸などが出る場合があります。

感染してから2~6週間ほどでこれらの症状がでて、1~2ヶ月ほどで完治すると言われています。

ほとんどの場合重症化、劇症化することはありません。つまり、殆どが風邪と同様の症状で、自然治癒で時間が経てば治っていきます。実は、子どもの場合はさらに軽症であることが多いのです。

大人では発熱や吐き気などの症状がありますが、子どもの場合はほとんどが下痢の症状がみられます。

しかも、5歳以下の子どもに限っては症状が軽すぎて、A型肝炎に感染していることに気がつかない方が多いそうです。

大人であれば黄疸が出た場合は入院が勧められますが、子どもの場合はこの黄疸も軽く入院となることが多くありません。

尿が黄色がかっているくらいしか表れず、しっかりと血液検査をしなければ判明しないそうです。

そのために、大人のように長い人では完治までに半年かかる人もいますが、子どもであれば1ヶ月程度で完治してしまい、慢性化することも殆どありません。

このように子どもはA型肝炎に感染したとしても症状が非常に軽く、気がつかないことが多くあることから、2013年6月までは16歳以上でなければワクチンが接種できないという年齢制限が設けられていましたが、2013年4月より、年齢制限は撤廃され海外に渡航する前にA型肝炎のワクチンを接種することができるようになりました。




A型肝炎の検査について
A型肝炎の治療について
A型肝炎ワクチンの効果は?
A型肝炎のトップページ

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)