A型肝炎の検査方法

人間の体内に侵入したA型肝炎ウイルスは消化管で吸収され、血流に乗って、やがて肝臓へと到達します。

肝細胞の破壊やその他重篤な死に至る症状をひき起こすことは希ではありますが、それでも回復までには数ヶ月を要することがあります。

その為に、A型肝炎の疑いがある場合は早く検査をしなければなりません

A型肝炎ウイルスの検査方法としては、基本的に3種類あります。1つめは触診や腹部超音波による肝臓の検査です。もしもこの検査で肝臓部分に腫れがある場合は、感染していることが疑われます。

そして、もう一つは、便検査です。これは便を採取して培養し、検査をしていきます。しかしながら、便の培養に時間がかかってしまうために、診断目的ではあまり使用されません。

主にA型肝炎の検査方法として用いられるのは、血液検査となります。検査は体内にあるA型肝炎ウイルスに対する抗体を検出していきます。

主に診断に用いられるIgM型HAV抗体検査法では、血清中から検査項目のIgM型抗体が検出されることでウイルスに感染しているかを判断します。

これはA型肝炎の急性期のHA抗体がIgM型であることから判断されます。

IgM型HAV抗体の基準値は陰性の場合0.8未満で1.2を超えるとA型肝炎ウイルスに感染しているとして陽性となります。

肝機能検査での検査項目としては、ASTやALTなのど血清トランスアミナーゼ値。また、γーGTPやAIPなどの胆道系酵素

そして、膠質反応であるTTT、ZTT値などが上昇しているとA型肝炎と判断されます。特に血清トランスアミナーゼ値が5000UIよりも高い場合は、A型肝炎または急性ウイルス感染などが疑われます。

その他、プロトロンビンやヘパプラスチンなどの肝臓で作られる血液凝固をさせるタンパク質などの検査をすることもありますが、この場合はかなり重症化していることを疑う場合はあります。

また黄疸が見られる場合も、血液検査の数値が高い場合と同様に症状が酷くなることが予想されるために、入院などをしなければなりません。

A型肝炎の抗体検査

海外などに渡航に行く際にワクチンを接種すべき病気は様々ありますが、その一つの中にA型肝炎があります。

これは日本でも魚介類によって感染をする報告もありましたが、多くの場合は海外で感染してしまうことが多いです。

このA型肝炎に感染している危険性がある場合は、検査をしなければなりません。

A型肝炎は急性肝炎で慢性化をすることはあまりないと言われ、風邪と同様な症状なので自然治癒しますが、劇症化すると死に至ることもあるために、しっかりとした検査が必要です。

A型肝炎の検査には主に2種類あって、腹部の触診や超音波検査で肝臓の腫れなどを見ていく場合と、もう一つは血液検査による抗体を調べる方法があります。

A型ウイルスに感染すると、体内で抗体が産生され始めますこの抗体が血液中に作られたかどうかでA型肝炎ウイルスに感染したかどうかを調べていきます

まずA型肝炎ウイルスに感染すると、IgM型HAV抗体ができます。そして、IgA型、IgG型の抗体が順に産生されていきます。

最初にできるIgM型HAV抗体検査は肝炎が発症してすぐ、もしくは1週間以内に検査していきます。ここで陽性となるとA型肝炎ウイルスに感染していると判断されます。

一方でHAV抗体検査ではIgM型だけではなく、その他のIgA型、IgG型抗体も検査をすることができます。

IgM型HAV抗体検査との違いは、IgM型HAV抗体は3ヶ月程度しか体内に存在しないのでその3ヶ月間しか判断することができませんが、HAV抗体検査では、現在もA型肝炎ウイルスに感染しているかだけがわかるのではなく、ワクチン接種の効果やこれまでにA型肝炎ウイルスに罹ったことが感染既住抗体も検査することができます。

IgM型HAV抗体検査のの基準値は陰性の場合0.8未満です。この数値が1.2を超えるとA型肝炎ウイルスに感染しているとして陽性となります。

0.8~1.1の時は判定は保留となります。A型肝炎ウイルスは体内で自然に抗体が作られ自然治癒されていきますが、感染力が非常に強いため、早急な検査と治療が必要となってきます。

A型肝炎の検査結果

海外、特に先進国以外の国に行く場合には様々なワクチンの接種をした方が危険を回避できます。

しかしもしもその対象となる病気にかかっている恐れがある場合には検査を受けなければなりません。

そのうちの一つであるA型肝炎ウイルスのワクチンは基本的に血液検査を受けることで、1~数週間後には検査の結果を受けることができます

A型肝炎ウイルスにかかっているかどうかの検査方法には、主に抗体を検出する方法として、IgM型HAV抗体検査法とHAV抗体検査法があります。

A型肝炎ウイルスの抗体にはIgA型、IgM型、IgG型があり、それぞれ感染してからの時間によって、IgM型、IgA型、IgG型の順番で作られていきます。

こうした抗体を調べることで過去の感染やワクチン接種後の抗体ができたかどうかを判別する基準としています。

HAV抗体検査法ではIgM型、IgA型、IgG型のすべの抗体検出をすることができ、IgM型HAV抗体検査法では現在の感染をしるための検査方法となっています。

A型肝炎の検査には糞便検査や血液検査が必要となります。この検査値によって感染しているか否かの検査結果を導き出していきます。

A型肝炎に感染していると、幹細胞が壊れ血液中に血清transaminaseであるASTやALTが漏れてしまい数値が高値を示します

その他にもγーGTPなどの上昇、血中IgM値の上昇もA型肝炎ウイルスに感染しているときの特徴となっています。

また、CRPとよばれる急性期蛋白が、B型やC型肝炎に比べて高値を示すこともA型肝炎ウイルスの検査値の特徴と言われています。

A型肝炎が進行してしまうと重症化してしまったり、劇症肝炎へと進行してしまいます。

そうした悪化を調べるためには肝臓で作られる、プロトロンビンやヘパプラスチンなどの血液凝固をさせるタンパク質などの検査をすることも重要となってきます。

A型肝炎は自然治癒率が比較的に高い病気ではありますが、劇症型肝炎などになってしまうと専門機関での治療が必要となるので、注意が必要です。

 

A型肝炎の検査について
A型肝炎の治療について
A型肝炎ワクチンの効果は?
A型肝炎のトップページ

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)