A型肝炎の治療方法

ワクチン無しで先進諸国以外の、アジア、アフリカ、南米などに渡航した際にかかることがあるA型肝炎ですが、実は治療薬はありません

ワクチンに関しては国内で認可されたエイムゲンがあり、また海外でも数種類のA型肝炎のワクチンはありますが、治療薬はありません。

これはA型肝炎に感染した後は、自然治癒で治ること、風邪などと同様の症状のため、気がつかない人もいるなどの症状の特徴にも影響されているのかも知れません。

A型肝炎ウイルスに感染すると、黄疸、発熱、下痢、嘔吐など風邪のちょっと酷くなった症状と似ています。しっかりと検査しなければわからない人も多々います。

そんな風邪と似ている症状なので治療方法も風邪と似ています。治療方法は基本的には安静にしていることです。A型肝炎は急性の肝炎に分類されるので、安静が一番と言われています。

しかし、吐き気や下痢で食欲が起こらず栄養が取れない場合は、病院などでブドウ糖を中心に点滴をしてもらわなければなりません。

安静することで、肝臓への血液や栄養がしっかり保たれ肝臓の回復を促すしか現在のところ方法はないと言われています。A型ではなくB型やC型肝炎の場合には薬が必要な治療となります。

A型肝炎はその他の肝炎と違い慢性化、劇症化することがあまり多くありません。2~6週間の潜伏の後に発症していきます。

発症してから1~2ヶ月の間で完治してしまうことから、自宅療養が一般的です。しかしながら、あまりにも症状が酷い場合、またA型肝炎特有の症状以外の症状が発生してしまった場合は入院することをオススメします。

他の病気、特に腎臓病などを併発している可能性が出てきてしまいます。そのほか、黄疸がでてしまった場合や、検査において血液検査の結果が芳しくない場合も入院が必要となります。

しかしながら、A型肝炎は1度免疫ができると永久に免疫ができ、再感染の可能性はありませんので、まずは最初の治療がもっとも重要となってきます。

A型肝炎の抗ウイルス薬はない

A型肝炎はその他のウイルス性肝炎と違い、治療薬はありません。体内に入ってしまったウイルスを消滅させる薬、抗ウイルス薬はまだ開発されていないのが現状です。

しかしながら、A型肝炎ウイルスに感染しても慢性肝炎とはなることはなく、肝硬変や肝細胞癌へ進むことはありません。殆どの場合が、その症状は軽く、風邪と間違ってしまう場合もあります。

38度以上の発熱や、下痢、吐き気、倦怠感など誰でも経験したことのある症状で、黄疸が出現すると入院となり、養生する必要が出てきてしまいます。

A型肝炎の抗ウイルス薬はないかわりに、しっかりと予防をすることが可能です。感染経路の多くは発展途上国以外に渡航した際に食べ物や自ら感染するケースがあります。

これは川に入ったり、海に入る、また火をしっかりと通していない食品を食べたり、人と接することでも感染してしまい、自分でもどこで感染したかわからないことがあります。

その為に、渡航をする前にワクチンを打つことでしっかりと感染対策をすることができます

日本では唯一厚生労働省から認められているエイムゲンを接種するか、海外では認められているが日本では認められていない輸入ワクチンを使用して、体に抗体を作り出すことが可能となっています。

A型肝炎は症状も風邪に似ており、1~2ヶ月で完治してしまいます。しかしながら、A型肝炎に対する薬がなく感染力も非常に強いと言うことを考えて、まずは手洗いなどの予防をしていくことが重要となります。

A型肝炎ウイルスには消毒が有効的

A型肝炎ウイルスは非常に感染力が強く、人から人へと感染がしやすいウイルスです。

その強さは、酸に非常に強く、アルコールにも耐性があり、ウイルスの多くが過熱に弱いのに対し、A型肝炎ウイルスは85度以上に過熱されなければなりません

しかしながら,A型肝炎ウイルスに感染する感染経路は殆どが、食品や自らの感染です。それだけに、しっかりと手洗い、また食器などの調理器具を消毒しなければなりません

それらの対策をしないことで集団感染などを起こしてしまう原因になってしまいます。

特に、A型肝炎と診断された人と接する機会がある場合は、しっかりと消毒をして、マスクなどをしておく必要があります。

A型肝炎の特徴として、子どもの場合は感染していても症状がでないことが多くあります。しかしながら、大人の場合は正反対でかなりの確率で症状を引き起こします

つまり、赤ちゃんのオムツなどを替える際に、赤ちゃんの糞便が手に着いてしまい、そのまま接種をするきっかけになった場合にはA型肝炎に感染してしまう恐れがあります。

その為にも、オムツを替えた後、またトイレのあとや、食事の前後などは手を洗っておく必要があります

食器などを消毒する場合などは次亜塩素酸ナトリウム溶液を使うとA型肝炎ウイルスを不活性化することができます。

市販されている家庭用の塩素系漂白剤などに多く使用されているもので、上水道やプールの殺菌などにも使用されています。

A型肝炎ウイルスに関しては有効な薬がないと言われています。それだけに、まずは感染しないために消毒などの予防をすることが重要となります。

海外などに渡航する場合にはワクチン接種で予防をすることができますが、海外に渡航をすることがない、もしくは海外に渡航をするがワクチンはうっていないという場合には、手洗いを十分にすること、また使用する食器やトイレなどをしっかりと消毒し清潔に保つこと、またA型肝炎の疑いのある人と接触の機会がある場合は、必ずマスクをして手洗いなどの消毒をしなければなりません

A型肝炎の治療期間は?

ワクチンなどを接種せずに海外に渡航してしまいA型肝炎ウイルスに罹ってしまうと、まずはその検査などから始まり、症状を緩和するための治療が始まります

風邪などと同じように放っておいても自然治癒をしてしまい、死に至るような重症になることはほとんどありませんが、それでも完治までにはかなり時間が掛かることもあります。

A型肝炎ウイルスの潜伏期間は約15日から50日と幅広くあります。感染すると黄疸や倦怠感、発熱、下痢などの症状が現れ始めます。これらの症状は風邪の症状に非常に似ています。

それだけに、病院に行って検査や治療を受けない人も多いそうです。しかしながらA型肝炎ウイルスは非常に感染力が強く、食品や糞便、水でも感染するので注意する必要があります。

A型肝炎に関してはワクチンはありますが、治療薬はありません。それだけに、風邪と同様に自然治癒に基本的には頼るしかありません。

まずは安静にしている他は対処療法で熱を下げたり、下痢を止めるなどするしかありません。その他、食欲がないときは点滴などで栄養を摂取していきます。

A型肝炎は発症から1~2週間で良くなっていきます。その後、1~2ヶ月で完治します。これは、体内でA型肝炎に対する抗体ができていくことが影響しています。

しかしながら、重症化してしまい、急性腎不全や肝臓以外に影響が出てしまうことがあります

そうした劇症化などを防ぐためにも、もしもA型肝炎に罹ってしまった場合は入院をして安静にすることが進められます。

 

A型肝炎の検査について
A型肝炎の治療について
A型肝炎ワクチンの効果は?
A型肝炎のトップページ

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)