A型肝炎ワクチンの効果は?

日本を含めた先進国以外に旅行に行く人はA型肝炎ワクチンの接種をオススメします。

A型肝炎はウイルス感染症で、水や食物など飲食物を取ることでかなりの確率で感染してしまいます。では、そのワクチンの効果とはどのようなものなのでしょうか。

まず、日本で作られており、厚生労働省の認可を受けているのが、化学及血清療法研究所が製造しアステラス製薬が販売している、エイムゲンです。

このエイムゲンは主に3回の接種が勧められています。2回の接種でも効果はあるのですが、それでは半年から1年の間に抗体が減少して行ってしまいます。

3回目を、2回目の接種から半年~1年の時期に受けることで、その後5年以上は抗体が維持されると言われています。

その他にはGlaxoSmithkline社が製造している、Havrixがあります。これはエイムゲンとは違い日本では未承認のワクチンでありますが、海外では殆どの国で認可されています

このHavrixの効果の特徴的なところは、エイムゲンとは違い、接種が1回で効果が表れることです。1回接種を受けると約2週間前後で抗体ができ、その後1年間は有効と言われています。

さらに初回接種から半年~1年間後に追加接種を受けると15年以上は抗体が維持されると言われています。

このHavrix意外に世界でも普及しているA型肝炎ワクチンには同じくGlaxoSmithKline社のTwinrixもあります。

このTwinrixはなんといってもその効果の長さが特徴的で、初回接種から4週間後に追加接種を、そして、半年後に3回目の接種を受けることで15年~20年間は抗体が持続すると言われています。

さらに、渡航までには時間がないが、度々接種する機会はあるというばあいには、至急接種として、初回から1週間、3週間、そして1年後に接種することも可能なワクチンです。

抗体が得られるのも2回目の接種毎言われています。このTwinrixはA型肝炎とB型肝炎の混合ワクチンとしても広く普及しています。

A型肝炎ワクチン、エイムゲンとは

A型肝炎のワクチンであるエイムゲンは厚生労働省の認可を受けた、国内用のA型肝炎の製剤です。

接種方法と回数について、エイムゲンは不活化ワクチンであるために、1度の接種では効果はあまり期待することができません初回から2週間から4週間ほど期間を空けて2回目の接種をします。

そして、初回から6より24ヶ月後に3回目の追加接種をします。最初の2回で十分な免疫ができますが、さらに感染を防ぐために3回の接種を受けるのが一般的です。

もしも、時間的に3回目の追加接種を受けられない人は最低でも2回目の追加接種を受けなければなりません。3回目の接種を受けなければ3度目の接種である時期から抗体が減り始めてしまいます。

しっかりと3度の接種を受けていれば、その後は5年以上にわたりA型肝炎に対する抗体が維持されると言われています。

A型肝炎は成人が感染すると75~90%の確率で発症し、高熱や黄疸などの症状が出て完治C型肝炎の症状までに数ヶ月かかることもありますが、子どもの場合は80~95%が感染しても症状が出ることはなく、症状が出ても非常に軽い状態でした。

その為に、エイムゲンにも16歳以上でなければ接種はできないという法律がありましたが、2013年3月からは16歳未満への接種も許可されています

海外ではA型肝炎のワクチンとして、HavrixやTwinrixなどが有名で接種することが可能ですが、エイムゲンは日本国内のみだけで販売されているために、基本的には海外での追加接種などは不可能となっています。その他エイムゲンと同じタイプのワクチンは海外では作られていません。

エイムゲンもそうですが、その他のA型肝炎ウイルスのワクチンの、Havrix、ViATIM、Twinrixは副作用が軽度であります。

あるとしても、接種箇所に痛みがあったり腫れたりするか、だるさや頭痛、筋肉痛などがある程度でかなり安全な薬剤です。

しかしながら、高熱や急性疾患、また以前に接種したときに強い副作用などの反応が出た人は接種を控えなければなりません。

A型肝炎ワクチンの回数や有効期間

日本ではほとんど感染することのないA型肝炎ウイルスですが、実は日本人の中で60歳以下の人はほとんど免疫を持っていないと言われています。

それだけに、先進諸国以外に渡航する際にはA型肝炎ウイルスの予防接種を進められます。

A型肝炎ウイルスのワクチンは、ワクチンの種類によっても、その有効期間、また接種の間隔などが変わってきます。

まず日本で唯一厚生労働省の認可を受けているA型肝炎ウイルスのワクチンである、エイムゲンは初回の接種のあと、2週間から4週間の間隔を空けて2度目の接種を行います。

A型肝炎の抗体が体内に産生されるのはこの2回目のワクチンを接種した後、約2週間後に出来るといわれています。

もしも時間がなくて3回目を受けられない場合は、最低でも2回目を受けてから行かなければ意味が無くなってしまいます。

そして、この2回目の接種をしてから、4週間後、つまり初回接種から6ヶ月より1年後に3度目の接種を受けます。この3回目の接種を終えることで、エイムゲンの有効期間は5年間続くとされています。

2回目の接種でも抗体はできますが、この3回目の接種を受けなければ、その効果は初回から半年後から抗体が減ってくると言われています。

このエイムゲン以外のワクチンは輸入されているワクチンとなります。例えば、Havrixというワクチンは世界で最も一般的に使用されているA型肝炎ウイルスのワクチンで、エイムゲンとは異なり、1回の接種で効果があります

効果は初回から2週間後にピークを迎えますが、1年間は持続すると言われています。

もしも、初回から半年~1年の間でもう一度接種をすると、その後、約10~20年間は有効期限が延びると言われています。

その他にも、A型肝炎と、B型肝炎混合ワクチンであるTwinrixも輸入ワクチンで、エイムゲンと同様に3回の接種が一般的となっています。

諸会いから4週間の間隔を空けて2回目を接種します。この2回目の接種後、約2週間で効果が出てきます。

そして、初回から半年後に3回目の接種を終えると、その効果は10年~15年間は持続すると言われています。

子どものA型肝炎予防接種

多くの病気は罹ると、大人よりも免疫も弱く、体力もない子どもの方が症状が重症化することが多くあります。その為に、予防接種なども子どもの頃に受けることが多くあります。

しかしながら、A型肝炎についてはその逆となっているのです。A型肝炎の症状の主なものが38度以上の発熱、下痢、吐き気、倦怠感などです。

風邪にも似ている症状のため気がつかない人も多いそうですが、実は一番気がつかないのは子どもだと言われています。

大人の場合は感染した人の75~90%の人が発症しますが、子どもの場合は80~95%の割合で発症しても症状が出ないそうです。

しかしながら、子どもも大人と同様にワクチンの接種などが先進諸国以外の国に渡航する際には受けることができます。

日本ではA型肝炎ウイルスの予防接種は渡航前など任意で行われますが、アメリカでは1歳から全員が予防接種を受けるのが基本となっています。

日本国内では2013年3月まではそうした症状が子どもではあまり出ない、その他の予防接種の法が優先などの理由から、16歳以上出なければワクチンの接種ができませんでした。

しかし、4月以降はその年齢制限が撤廃され、1歳以上の子どもであれば接種が可能となりました。

日本で唯一認可されているA型肝炎のワクチンであるエイムゲンは、大人も子どもも共通してワクチンの摂取量は0.5mLとなっています。注射の方法は皮下接種か筋肉内注射が一般的です。

しかし子どもの場合は注射の箇所が変わってくることがあり、2歳までは太ももで、3歳からは型に注射をするなど、その体型などにあわせて接種の方法がかわってくることもあります。

子どもの場合は症状が軽いという理由からワクチンの接種をしなくても良いということもあり、そこまで病院などでも進められることは少ないそうですが、長期の滞在予定がある場合や、渡航先が不衛生で環境が整っていない場合などは子どもでもA型肝炎の予防接種は受けておいた方が良さそうです

A型肝炎ワクチンの値段

海外の特に先進諸国以外に渡航する際には、様々なワクチンの接種が進められます。

その中でも、A型肝炎のワクチンでは、輸入ワクチンと国内承認のワクチンの2種類があり、いずれを選ぶかによって値段やその効果なども変わってきます

日本で厚生労働省の認可を受けているA型肝炎ウイルスのワクチンは1種類しかなくエイムゲンしかありません。

その代わり、輸入されるワクチンは数種類あり、個人個人で医師と相談の上で選択することができます。

まず、日本で唯一認可されているエイムゲンは化学及血清療法研究所が製造しアステラス製薬が販売している製剤で、2回の接種で効果が現れ始め、3回目の接種で5年以上は維持されるといわれています。

値段は国内の薬なので輸入ワクチンより安いことが多く、各接種毎に約7000円~1万円となっています。3回の接種の後に、HA抗体検査などをする場合はさらに3000円程度の費用がかかります

その他の輸入ワクチンはエイムゲンより値段は多少高くなっており、約10000円となります。

HavrixやTwinrixといった輸入ワクチンは1回の接種で効果が表れたり、または追加接種することで15年以上の効果が持続することなど、唯一の国産ワクチンのエイムゲンとはその特徴が変わってきます。

これらのワクチンを接種する際には医師と相談し、どの種類のワクチンを接種すべきかを決め、その値段も病院によって変わるため確認が必要です。

また、海外でも接種することは可能ですが、その際にはまたその国々によって値段が変わってくるので確認が必要です。

 

A型肝炎の検査について
A型肝炎の治療について
A型肝炎ワクチンの効果は?
A型肝炎のトップページ

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)